おはようございます、こんにちは、こんばんは!ハッピーハッピーの江原ニーナです。

本日の海外資金調達ニュースはこちら!

2018年第2期(4〜6月)のグローバルベンチャーの動向やいかに!?

2018年の4〜6月のグローバルベンチャーの動向は、ドットコムエラの記録を更新し続けています。取引数(数ベース)、金額(ドルベース)ともに、今年の1〜3月の記録を超えています。特に、レイトステージへの投資と中国への投資が非常に大きな割合を占めているようです。

LimeがUberやGVから$335Mを調達!

キックスクーターと自転車のシェアリングサービスを提供するスタートアップ LimeがUberやGoogle Venturesから$335Mを調達したと発表しました。連日のように、Uberと乗り物のシェアエコサービスに関するニュースが報じられており、同市場のホットさを感じるとともに、Uberが同市場をくまなく取りに来ていることが伺えます。

広告×AIのサービスをGoogle が発表。

Googleが、どのようなウェブサイトに広告を打つべきか等をAIが分析して決めてくれるサービスについて発表しました。Google側は、同サービスにより、広告のコストパフォーマンスが上がると謳っている一方で、どこでどのようにデータを取るのかなどの消費者プライバシーに関する問題への懸念も拭えません。このように、消費者動向をAIで分析して活用する流れは世界的に加速している一方で、プライバシーの観点から、現在より定期的にこういった企業への調査を行うべきだとの声も上がっています。

LINE@、hackletter PLUSについて

hackjpn, Inc. では、hackletter TVでの内容をユーザーの皆様に確実にお届けできるよう、LINEアカウントからの配信も始めました。TwitterやFacebookでの告知だけでは、タイムライン上で流れてしまうという問題への解決策としての取り組みです。友達追加はこちらからお待ちしております。

また、hackletter TVの内容を深掘りしてレポートにまとめたものを定期的にユーザーのみなさまにお送りするhackletter PLUSという有料サービスも開始いたしました。詳細はhackletter のTwitterアカウントをご参照ください。

それではみなさん、また明日!

hackletterでは競合/親和性ある会社を分析しレポートするSVREPを提供しております。年間10000社を超える海外企業を分析し、そのビッグデータから得た企業情報を毎月クライアント様にカスタマイズしてお送りしています。無料サンプルレポートのお問い合わせ、海外サービス調査のご相談はこちらよりお気軽にお問い合わせください。