2017年11月の国内での資金調達総数は20件、総額約110億円で、下半期最大の数値だった。

 

スクリーンショット 2017-12-19 8.10.31

 

このグラフは調達額の推移である。

8月から増加しており、ついに20件の台に乗っており、総額に関しても10月より大幅に増加した。

今回はその内訳を分析していきたい。

 

ではまず11月に資金調達を行った企業には、どういったカテゴリーの企業が多いのだろうか。グラフで表してみたので、ご覧いただきたい。

スクリーンショット 2017-12-19 8.10.43

Fin Techを含む金融分野が4社と最多であった他、飲食業やInstagramを使用したメディア運営など、非テック企業も目立った。

これは日本ならではではないだろうか。

また、全20社のうち、1社が大阪に本社を持つが、他の19社は全て東京に籍を置いている、というのも企業や人が一箇所に集中する日本の特徴ではないか。

 

以下が全20社の一覧だ。

名称未設定-3

その中でも最多額となったのは「ショッピングに国境はない」という理念のもと中国越境ECを運営しているInagoraだ。(1段目左)$68,000,000を資金調達した。

日本の商品に特化したECサイト及びアプリケーションを提供しており、ロフトや東京ハンズといった雑貨からドトールや伊藤園などの食品、美容、健康など、全分野合わせると210店舗、商品数4万種にも及ぶ大型マーケットである。

中国ECサイトが伸びている状況に伴い伸びてきたスタートアップ企業である。

また、この企業の調達額の多さが、今月の国内総額を伸ばしている要因だ。

 

そして次点が名刺をクラウド管理するサービスを企業向けに提供しているSansanだ。(二段目左)$17,600,000である。

名刺をスキャンするだけで、AI及び人力で名刺を識別、データベース化するというシステムで、社内の全ての社員の名刺を一律で管理し、共有することができる。

 

3番目に額が多かった企業は、¥500,000,000で、排泄を予知するウェアラブルプロダクトを開発しているTriple W Japan K.K.。(四段目右)

少子高齢化が加速し、要介護者が増加するという世情に後押しされたという形だ。

 

資金調達額は上位にはいないが、筆者が注目した企業はLuteだ。(三段目右)

若者では使用していない人はいないのではないだろうかというSNS、Instagram。

同SNSには通常のタイムラインとは別にInstagram Storiesという24時間で消える投稿機能がある。

同社はその機能に目をつけ、音楽を中心に国内外の新たなカルチャーシーンを配信するメディアを運営している。

資金調達額は¥80,000,000と前述の企業に比べたら少額であるが、頻繁に使用するInstagramを利用した動画は親しみがあり、若者に特化するのであれば歌手にとってはYoutube以上に宣伝効果が高いものだと私は思う。

 

全体を通し、11月に資金調達シーンは日本の世情や名刺などの文化が反映された形となったが、一方で紹介したLuteや、体内時計をIotデバイスを通じ視覚化しようとしているO:など、新たな道を切り開こうとするスタートアップ企業も多く見られた結果となった。

 

hackjpn analysis data from crunchbase, cbinsight, and pitchbook.

 

hackletterでは競合/親和性ある会社を分析しレポートするSVREPを提供しております。年間10000社を超える海外企業を分析し、そのビッグデータから得た企業情報を毎月クライアント様にカスタマイズしてお送りしています。無料サンプルレポートのお問い合わせ、海外サービス調査のご相談はこちらよりお気軽にお問い合わせください。