まずはこの写真から見ていただきたい。

13639425_1139490872800632_1080439178_o

写真はピカチュー出現のためポケモントレーナー達が殺到する普段一通りのない、San Joseの住宅街で撮影されたものである。

Pokemon Goついにリリース

2016年7月6日、ポケットモンスターことポケモンが現実世界に姿を現した。世界中のポケモンファンが1年ほど前より待望していたARゲーム(拡張現実ゲーム)”Pokemon Go”がアメリカ、オーストラリアなど一部地域でリリースされたのだ。運良く、大のポケモンファンである筆者はアメリカに在住しているため、pokemon Goをダウンロードすることができた。ここではPolemon Goの概要を説明する。

 

1現実の道路にポケモンが出現する

pkm

ポケモンGOはGPSと連動しており、現実世界のマップを元にポケモンが出現する。

2自分の近くにいるポケモンをマップで確認

pkm 2

 

出現するポケモンはユーザーの位置情報により異なり、ユーザーが動くにつれて、ユーザーの周りにいるポケモンが変動する。

 

3ポケモンキャンディーでポケモンを育成

pkm 3

ポケモンはポケモンをゲットした時に取得できるキャンディーでポケモンを育成できる。ピカチューを捕まえるとピカチューキャンディー、ポッポを捕まえるとポッポキャンディーを取得でき、キャンディーはそれぞれのポケモンにしか使用できないため、同じポケモンを捕まえない限り、ポケモンを育成できない。

 

4ポケモンストップでアイテム確保

pkm 4

ユーザーが集まりそうな場所(公園や協会など)がポケモンストップになっており、その場でモンスターボールなどのアイテムが確保できるようになっている。これまでさびれていた公園がポケモントレーナーにより深夜1時でも賑わっているというようなことが米国の至る所でおきている。

4ユーザーがジムリーダーとなり、賞金を獲得する

pkm 5

 町の主要箇所に行くとポケモンジムが出現する。ユーザーレベルが5になった段階で赤、青、黄の好きなチームのどれかに所属する。自分のチームが青でジムの色が青だった場合、ジムのレベルを上げることができ、ジムレベルの数によってジムに預けられるポケモンの数が決定する。つまり、ジムレベルが7の場合、7匹のポケモンがジムを守ることになる。赤チーム、黄色チームはこの7匹のポケモンを倒すとジムの色を自分チームの色に変えることができる。24時間自分チームのジムを防衛することを果たした場合、報酬が入る。

 

ポケモンGOが解決する社会問題

 同サービスはリリースして1週間でデイリーユーザー数はtwitterユーザー数に迫る勢いである。現実世界とバーチャル空間を繋ぎ合わせたARゲームは今後ゲーム市場のトレンドを大きく変えるだろう。また、これまで過疎化に悩んでいた観光都市などに、その場でしか手に入れられないポケモンを出現させることによって、観光客を呼び込むことも可能となり、現実世界には存在しないバーチャル空間に出現するポケモンが広告となり得る可能性もある。ポケモンGOは今後、様々な社会問題を解決するゲームとなり得るだろう。

 

関連記事: ポケモン人生論・ポケモンが教えてくれた生きるために必要なこと


REPORTER/@tomura

hackletterでは競合/親和性ある会社を分析しレポートするSVREPを提供しております。年間10000社を超える海外企業を分析し、そのビッグデータから得た企業情報を毎月クライアント様にカスタマイズしてお送りしています。無料サンプルレポートのお問い合わせ、海外サービス調査のご相談はこちらよりお気軽にお問い合わせください。

 

hackletterでは競合/親和性ある会社を分析しレポートするSVREPを提供しております。年間10000社を超える海外企業を分析し、そのビッグデータから得た企業情報を毎月クライアント様にカスタマイズしてお送りしています。無料サンプルレポートのお問い合わせ、海外サービス調査のご相談はこちらよりお気軽にお問い合わせください。