ポケモン人生論・ポケモンが教えてくれた生きるために必要なこと | Hack Letter

ポケモン人生論・ポケモンが教えてくれた生きるために必要なこと

71,307 views

シリコンバレーでは世界一の企業を目指して毎年数多くの起業家が世界各国から訪れます。それは、私たちが少年時代に世界一のポケモンマスターを目指して、親元を離れ、新しい地方へ冒険を繰り広げたのと同じように。シリコンバレーで生活して気づきました。私が生きるために必要なことは全てポケモンが教えてくれたということに。人生はポケモンだということに。

今回は生きるために特に私が必要と考えるポケモン人生論の10つをご紹介します。

 1)キャタピーを相手にしても成長しない

同じレベル、もしくは自分より低いレベルのポケモンと戦っても経験値はあまり上がらない。自分を大幅に成長させたいなら、自分より格段にレベルが高い人と絡んでノウハウ盗むべき。

 2)自分のマインドは周りの環境から形成される

ポケルスが手持ちのポケモン全てに感染するように、自分の考えは周りの人のマインドや意見にシンクロしていく。自分が今いる組織、コミュニティーの目指すベクトルが自分の目指す未来に重ならない場合は、すぐにコミュニティーから抜け出し、自分が挑戦する分野で、すでに結果をだしてる人たちと絡むべき。

 3)自分の強みを磨かなければ、世界のトップには勝てない

平均的に育てたピカチューでは攻撃、素早さに特化して育てたピカチューには絶対勝てない。twitterやFacebookが普及し、個人にフォロワーという名のファンがつくようになった。自分の強みを分析し、それを付加価値にしなければならない。アメリカの教育では、SAT(アメリカのセンター試験)は2教科で受験するため、自分の強みの強化にさらなる磨きをかけることができる。

 4)失敗しても、今までの経験値と共に何度でもやり直せる

強い敵にやられても、何度でもポケモンセンターからやり直せる。今までの経験値がなくなることはない。時価総額3500億円でビジネスチャットとして有名なSlackのCEO、Stewart 氏はSlack創業以前にゲーム会社を作っては失敗、作っては失敗と何度でも失敗を繰り返している。Stewart 氏の存在は、この失敗しても何度でもやり直せることを物語っている。

 5)制覇した町では平和に過ごすことができるが、成長はしない

いつまでもマサラタウンにいては何も得られない。今ある環境に満足せず、新しいステージで常に挑戦しなければ成長はしない。シリコンバレーでは野球選手と同様、給料は年俸制でより高いステージで挑戦するためにどんどん転職し、給料もどんどん上がっていく。

 6)冒険をしない評論家が世界を変えれるわけがない

旅中に冒険もしないで意見だけ発する人物がたくさんでてくるが、ストーリー上いてもいなくても何も変わらない。ナポレオンやスティーブジョブズなど、世の中に10年100年と語り継がれる偉人は革命やイノベーションを起こした人物であり、評論家や批評家が世界を変えることはない。

 7)自分の弱みを分析し、負け戦に手をださない

海の中でリザードンが戦えるわけがない。自分の弱みは何かを分析し、自分が明らかに不利な戦に手を出さない。自分のこれまでのバックグラウンドから、どの分野で戦うべきかを分析せよ。

 8)発展途上の人間にプライドなど必要ない

四天王を倒すために武器や防具を準備するかしないかで勝率は大幅に変わる。自分の実力が足りていないならそれを真摯に受け止め、自分のスキルや経験値をあげるための努力を怠ってはいけない。自分の実力を過信し、頑固なプライドを持つことは大きな負因につながる。自分の実力を見誤ってはいけない。

 9)挑戦しない年寄りに耳を傾けてはいけない

プレイ時間と経験値は比例しない。世界を目指したことがない人間に世界を勝ち取る戦略などわかるはずがない。年齢が自分より高いから人生の先輩と決めるのではなく、自分が戦うステージで先に挑戦している人を人生の先輩にすべき。

 10)市場は絶えず変化する。これまでの古い方程式は使い物にならない

ポケモンの性質や特徴は絶えず進化し、変化すると同様、OSは常に変化し、古いOSは機能しなくなる。今までのものさしで新しい世界を図ることはできない。常に時代に遅れず、新しいことを取り入れる学びの姿勢を忘れてはいけない。

 今回は特に私が大切にしている10つのポケモン人生論をご紹介しました。これからも少年時代に胸を熱くして仲間たちと草原を駆け巡った、あの気持ちを忘れず、シリコンバレーで挑戦していこうと思います。さらなる高みを目指して。

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

-参考記事-

ドラクエ人生論/http://yokichi.com/2011/05/post-315.html

 

hackletterでは競合/親和性ある会社を分析しレポートするSVREPを提供しております。年間10000社を超える海外企業を分析し、そのビッグデータから得た企業情報を毎月クライアント様にカスタマイズしてお送りしています。無料サンプルレポートのお問い合わせ、海外サービス調査のご相談はこちらよりお気軽にお問い合わせください。

 


About Author

Hikaru Tomura

Comments are closed.