効果的なマーケティングには良い情報が必要である

科学的方法:物事を調査して、結果を整理。新たな仮説を導きだし、それを立証する手続き。ある一定の基準を満たしているもの。例えば新商品の方が気に入られるという仮説を立てたうえで、実際にサンプルなどでテストした結果、6割以上気に入られたら販売するというようなもの。

マーケティングリサーチにおける5ステップ

第7章

①   問題定義:現状の問題は何か。例えばターゲットとする主婦が、新商品をどれほど購入し、その後どれほどの割合で再購入したか。なぜ再購入されなかったのか。そもそも知名度が低かったのか?など問題点をリストアップ。その上で、何が一番の問題点なのか定義決め。

②   現状分析:すでにある情報を元に状況分析。マーケティングリサーチ(アンケート、インタビュー、調査、実験等)やマーケティング情報システムMIS(Marketing Information System)を元に問題の洗い出し。MISとは、市場への効果的なマーケティングを行う為のシステム。

③   情報収集:プライマリーデータ(自分で調査した情報)収集することで、より細かいデータを集める。ツールとしては街頭インタビュー、メールアンケート、電話アンケート、モニター調査、アンケート作成ウェブサイトなどの利用。購買履歴データ。

データ収集方法を大きく分けると2タイプになる。

クオリティブリーサーチ:新商品の感想など、数値化できない質問

クアンティティブリサーチ:今回の新製品についての感想を1から5レベルで回答してもらうタイプの質問

④   データ分析:セカンダリーデータ(既存のデータ、例えば国勢調査など)の分析。分析ツールなども利用。エクセルの統計分析ツールなども利用して、情報を読み取る。

⑤   問題解決:どのようにすれば問題が解決されるのか。これまでの段階で、今まで分からなかったリサーチ結果も出る。その上で、問題解決する事により、今後のマーケティング戦略立てる。

授業では芝生を自動的に2インチに刈り取ってくれるロボットを開発した会社のアンケートを考え、チームで発表。新商品が何であるかばれないようにしたままアンケートに答えてもらうというのがお題。教授の回答は芝生のお庭お持ちですか?→誰が芝刈りしますか?→伸びて来たら芝を刈ると思いますが、どれほど伸びたら刈りますか?→理想的な芝の長さは何インチですか?ここから、結果的に誰が芝を刈るのか?何インチに芝を刈っているのか?を調べる事が出来る。

なんとも堅苦しいタイトルではありますが、要するにうちの商品が売れてないみたいやん!どうしたら売れるん?お客さんに聞いてみよう!!的な事ですね。ただただ売上の数字を眺めていても何にもなりません。利用者の意見が重要になるのです。ところで、主婦として最も気になる所はアンケートやモニター調査ですよね。新商品を使って感想を述べるだけで、謝礼がもらえたり、プレゼントが当たったりと、なかなかいいバイトになったりもします。何より誰よりも早く新商品にお目にかかれるのです。

 

hackletterでは競合/親和性ある会社を分析しレポートするSVREPを提供しております。年間10000社を超える海外企業を分析し、そのビッグデータから得た企業情報を毎月クライアント様にカスタマイズしてお送りしています。無料サンプルレポートのお問い合わせ、海外サービス調査のご相談はこちらよりお気軽にお問い合わせください。