新しいテクノロジーの発展は、不動産業における売り手、買い手、投資家、そして不動産業者たちに大きな影響を与えている。

めまぐるしく移り変わる流行とともに、業者たちは新しいテクノロジーの動向や時好を把握しなくてはならない。これらのテックトレンドは経営の風向きを大きく左右し、クライアントをつなぎとめるに必要不可欠な要素である。専門家たちは、今年はテクノロジーが不動産業において大きな変化をもたらすと見ているようだ。

例えば、3Dプリントによる鍵の作成だ。安全性がより重要視される中、手軽に作ることができる利便性に買い手側は危惧している。しかし、実際は3Dプリントで作成される鍵は安全性や利便性にとても優れており、近い将来には多くの企業にて一般化されると言われている。

地域を特定することができるGPSも不動産業において、必要不可欠である。多くの業者では、買い手の近くにあるセール物件や新着物件を通知するサービスを既に取り入れており、近くに位置する物件が買い手の希望とマッチする場合にアラート通知するなどのサービを展開している。

ソーシャルメディアの強い影響も見逃せない。ソーシャルメディア上で顧客にビデオやメッセージサービスを使いリーチを試みる不動産業者もだんだん増加してきている。

先日、カリフォルニアのプレハブスモールハウスメーカー、Blu Homes は、アプリでカスタマイズした住宅をそのまま注文し、数ヶ月で届けるサービスを開始した。価格はカスタマイズ内容によるが、2,800万円からとなる。サンフランシスコなどの物価が高い都市ではこの値段は比較的割安である。

今やアプリ一つで家が建つようになった。これから不動産業はテクノロジーと統合し、どのように進化を遂げていくのか、興味深い。

【参考記事】 【画像元】

hackletterでは競合/親和性ある会社を分析しレポートするSVREPを提供しております。年間10000社を超える海外企業を分析し、そのビッグデータから得た企業情報を毎月クライアント様にカスタマイズしてお送りしています。無料サンプルレポートのお問い合わせ、海外サービス調査のご相談はこちらよりお気軽にお問い合わせください。