第2章 Marketing Strategy Planning マーケティング戦略についての基礎。

Strategic Planning マーケティングのみでなく、製造、ファイナンス、人事計画なども含める

マーケティング戦略とは ①マーケットの絞り込み ②ターゲット顧客を満足させる為に調整可能な付加価値をつける

市場に対する考え方の違い 製造中心型マネージャー:顧客嗜好は同じなので大量マーケティング

マーケティング中心型マネージャー:顧客嗜好はそれぞれなのでターゲットマーケティング

”私たち消費者は2方向から観察されているということ?!皆が使っていて便利そう!という思いと、自分の好きな物を買いたい!という思いに、ぐいぐい入り込もうとしているわけです。”

ターゲットをしぼると→プロモーション価格も少ない、取り組みやすい

ターゲットをしぼらないと→プロモーション価格高い。取り組みにくい。

Goals(目標)=Sales(販売)とProfit(利益)の増加

Hours Quota時間割当&Move Effective “What can we do?” 効率よく働く事“何が出来るか”

例)1年47週×8時間=376時間で計算した場合 1年目の目標達成が出来なかった場合に、そのまま未達成分が繰り越されるので、2年目の目標の1時間あたりの売上目標が大幅にあがる。日々効率よく、目標達成に勤める事。

 

”1日8時間か。はい!ここで思った!日本人は残業しますから、8時間計算じゃあないな。と突っ込みたくなり…休暇が5週間でぇ…ってところもひっくり返りそうになった。日本人は働く時間も期間も長いけれど、効率の問題なのか?!? 効率的にというものさしは、国によって全然違うので、将来グローバル化するともめる原因になるかもしれない。”

マーケティング マーケティングミックス マーケティング戦略の一部で ①誰(つまり、ターゲット市場)にどれくらいの期間影響を与えるか ②会社資源(経費として示される)がどれほどの期間(月ごと等)必要なのか ③どのような結果を目標にしているのか(おそらく毎月、または、年四回売上と利益、顧客満足レベル、興味)などを考えた戦略

ざっくりと言えば消費者をとりまく環境といったところ。

4種類の販売方法について 顧客 ①市場参入(既存商品を既存顧客へ) Colemanが既存の商品(水筒)のディスプレイ方法等を変えて売上アップ

②商品開発(新商品を既存顧客へ) スターバックスが新商品を開発して販売

③市場開発(既存商品を新規顧客へ) 地元のパン屋がスーパーでも販売

④多角化(新商品を新規顧客へ) マクドナルドがスイスにホテルを建設

どの方法が1番効率的か=商品開発 例)スターバックス 既存の顧客に対して新商品の提供。 顧客はスターバックスの価値を分かっているので買う。コーヒー以外のマグや軽食販売により1日平均売上の一人当たりが増加する。

 

”分かる!ついついコーヒー買ったついでに可愛いマグ買ってしまったり、新商品が出たら買ってしまっている。模範生のような顧客です!季節限定なんて出てしまうと必ず買ってしまう。アメリカでも現在新商品を期間限定で安くする戦略実施中。”

“買う前に考えよう!本当にいるの?その商品!”

SWOT Analysis(SWOT分析) Strengths 強み Weaknesses 弱み Opportunities 機会 Threats 脅威 この4つを使って事業分析する

 

”例えば我が家を企業として、ざっくりと考えると 強み 定年までに子育て終了 弱み 貯蓄の減少 機会 収入増加(私が再就職) 脅威 円高、病気、天災など というふうになるのかも。ここから新たなる戦略を考えるということでしょう。”

次回は市場環境の変化についてです。

hackletterでは競合/親和性ある会社を分析しレポートするSVREPを提供しております。年間10000社を超える海外企業を分析し、そのビッグデータから得た企業情報を毎月クライアント様にカスタマイズしてお送りしています。無料サンプルレポートのお問い合わせ、海外サービス調査のご相談はこちらよりお気軽にお問い合わせください。