Google(4週目)週刊ニュースまとめ | Hack Letter

Google(4週目)週刊ニュースまとめ

52 views

2017/02/17

Google、Project Loonの気球を一定の場所に静止させることに成功

数年前からGoogleが取り組んでいるProject Loonは、複数の気球を絶えず地球を周回させることで、途上国などのインターネットが不十分なエリアにインターネットアクセスを提供することが目的である。その研究チームは、気球をを長時間にわたって一定の場所に留めておく方法を発見したと発表した。同社は今後この技術を使い、インターネットサービスを運用して行く予定である。https://techcrunch.com/2017/02/16/how-googles-project-loon-balloons-learned-to-loiter/

2017/02/20

GoogleのProject Fi、Voice over LTEサポートのテストを開始

Googleは本日、Project Fiと呼ばれるワイヤレスサービスで、一部のユーザーに対してVoice over LTEサービスを導入した。Project Fiとは、Googleによる携帯電話サービスのことで、米SprintとT-MobileとおよびU.S. Cellularの回線を借り受けるMVNOサービス(MVNO:仮想移動体通信事業者とは、無線通信回線設備を開設・運用せずに、自社ブランドで携帯電話やPHSなどの移動体通信サービスを行う事業者のこと。Wikipediaより引用)のことである。これらの回線を使うことで、その時に最も速い回線を利用し、最適な通信を行うことができるようになる。今回発表されたVoice over LTE(VoLTE)の機能には、データ通信とは関係しない高品質の電話、通話中のWebページ閲覧の高速化など、さまざまな利点が含まれている。https://techcrunch.com/2017/02/21/googles-project-fi-starts-testing-voice-over-lte-support/

https://ja.wikipedia.org/wiki/仮想移動体通信事業者

 

2017/02/21

GoogleのTilt BrushがOculus Riftに対応

Googleは本日、Oculus RiftでのTilt Brushの利用を可能にした。Googleの VRペインティングアプリケーションであるTilt Brushは、以前はHTC Viveでのみ利用可能だった。しかし、今回の発表により、VR向けのヘッドディスプレイを製造しているOculus Riftでの利用が可能になり、Oculus Riftに搭載されているタッチコントローラを使うことでより自然な操作が可能となった。https://techcrunch.com/2017/02/21/googles-tilt-brush-lands-on-oculus-rift/

Google、クラウドプラットフォームがGPUのサポートを開始

3ヶ月前、Googleは2017年の早い時期に、機械学習などの特殊なワークロード(システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと)のためにハイエンドのグラフィックス処理ユニット(GPU : Graphics Processing Unit)のサポートを開始すると発表した。 そして本日、GoogleはGoogle Cloud Platform上で開発者がGPUを利用できるようにした。

https://techcrunch.com/2017/02/21/google-launches-gpu-support-for-its-cloud-platform/

http://it-words.jp/w/E383AFE383BCE382AFE383ADE383BCE38389.html

2017/02/23

Google.org、司法的な人種差別問題に取り組む組織に1150万ドルの助成金を提供

一般的に刑事判決制度には十分なデータが残っていない。そのデータは、警察の行動や刑事判決に関するものである。 そこで今回Google.orgは、司法的な人種差別問題の解決に取り組む10の組織に、1150万ドルの助成金を新たに提供することを発表した。

https://techcrunch.com/2017/02/23/google-org-is-committing-11-5-million-to-racial-justice/

Google、AI技術によりインターネット上の悪質なコメントを検出するサービスをローンチ

インターネット上の記事の終わりにはコメント欄が用意されていることが多い。そこには様々なコメントが存在し、誹謗中傷などの悪質なコメントも存在している。この問題を解決するために、本日Google(Alphabetの子会社Jigsaw)は、コメント欄の浄化を目的とした、Perspectiveと呼ばれる新技術を発表した。この技術はコメント内容を評価し、そのコメントが有害である可能性を数値化し検出するサービスである。https://techcrunch.com/2017/02/23/googles-new-project-aims-to-clean-up-comment-sections/

Google、iOS用のキーボードに新たな言語や音声入力などの機能を追加

Googleは本日、Gboardのアップデートを発表した。これにより、音声入力と、新たな言語に対応し(計15言語のサポート)、またiOS 10で加わった新しい絵文字にも対応した。

https://techcrunch.com/2017/02/23/googles-ios-keyboard-gets-the-one-feature-it-really-lacked-voice-typing/

hackletterでは競合/親和性ある会社を分析しレポートするSVREPを提供しております。年間10000社を超える海外企業を分析し、そのビッグデータから得た企業情報を毎月クライアント様にカスタマイズしてお送りしています。無料サンプルレポートのお問い合わせ、海外サービス調査のご相談はこちらよりお気軽にお問い合わせください。

 


About Author

hackletterteam

Comments are closed.