カリフォルニアのパリピイベントで興味深かった3つの特徴 | Hack Letter/シリコンバレー情報

カリフォルニアのパリピイベントで興味深かった3つの特徴

679 views

先日カリフォルニア州サンタクララで行われた、「Night Nation Run」に参加してきました。

最近日本にも入ってきている「◯◯ラン」ってやつです。(日本ではウォーターランとやらに行きました。)

night-nation-run-vancouver

そうです。イケイケです。

簡単にイベントの内容を説明すると、みんなで同じ服を来て、体にライトを身にまとって、夜の道を音楽ガンガンかけながら走ってセルフィー撮ろうぜウェイ!その後はEDMウェイ!みたいな感じです。

 

さて、イベント当日は走っている途中に、なんで俺こんな夜に半袖で「Ready go!!!」とか叫びながら走ってるんだろうと思うことが多々有りましたが、興味深いこともいくつかありました。

①SNS活用したイベント拡散が過剰にすごい

screen-shot-2016-11-20-at-3-34-56-pm

screen-shot-2016-11-20-at-3-35-24-pm

・Facebookのイベントページで、「going」を表明するとイベントの通知が届くようになります。これは日本のイベントでも同じですが、その頻度が桁違い。一日に2回は必ずイベント情報が流れてきます。イベントに友達を招待すると(イベント上ではチームを組むと表現してましたが)ディスカウントできるので、友達は積極的に友達を誘う仕組みが出来ています。

・Instagramでも広告がバンバンでていました。これは僕がfacebookでgoingを押したからなのか、イベント会場のSantaCraraの近くに住んでいる学生に向けてターゲティングがされているのかは定かではありません。

img_7670

 

(この写真はイメージであり、イベント終了時に撮影したもので、実際の広告ではありません。)

②イベント会場での企業の広告が面白い。

スポンサーとしてRed Bullさんが入っており、スタート地点に広告がでているのはもちろん、レッドブルウォッカなどのアルコール販売が人気を集めていました。

pittsburgh_small

 

 

僕が注目したのは、「ROAM」という次世代イヤホンを販売している会社です。

screen-shot-2016-11-20-at-5-46-50-pm

 http://roamwith.com/

 

イベント会場では、皆が蛍光ライトを付けてダンスをしたり走ったりしているわけですが、よほどの熱心な参加者以外はそこまで準備をしてきません。なので会場では下記のようなライトが$5〜7で売られているわけです。(いいビジネスをしています)

51otlrhcvl-_sx355_

 

 

当日、ROAMの社員さんが実際に自社の新型イヤホンをつけながら、イベント会場で蛍光ライトを無料で配っていました。

当然特に準備をしていなかった参加者は、バリバリ気合の入ったライト装備層に多少のジェラシーを感じて、無料の蛍光ライトをもらいに集まります。

数十人集まったところで社員さんは「ROAM」のサービス説明をその場で行い、クーポンコードの付いた蛍光ライトを観客に配ります。やはり音楽イベントだけあって、音楽関連の商品に関する感度は高く高性能イヤホンへの食いつきも非常に良かったです。

img_7656

ターゲット層が集まるイベントに、有料で販売しているものを広告として無料で配り、ディスカウントで購入を促す。書いてみると当たり前なんですが、完全な成功例を見た気がしました。(実際に購入につながったのかの検証はできていませんが)

③人件費が全然かかってない

チケット購入は基本的にオンライン当日は入場管理のスタッフが数人いるが参加者の割合に対して非常に少ないんです。実は理由があります。

イベント参加者には全員にチケット購入者であることを示す、イベント用Tシャツが配られますが、その配布は前日に行われます。チケットナンバーさえ伝えればTシャツはゲット出来るので代表者1人が取りに行けば良いのですが、当日に貰おうとすると$5払わなくては行けません。多少参加者に負担はかかりますが、当日の混雑を考慮すると許容範囲かなと思う程度でした。

これによって当日に大勢のスタッフを準備する必要もありません。

 

メインイベント?であるナイトランも走る道は柵で覆われていて警備員は全くいません。スピーカーが等距離で置かれていて、イベントの雰囲気も保たれていました。

screen-shot-2016-11-20-at-9-22-49-pm

 

 

Facebookのイベントページだけで1,000人程度のエントリーがあり、実際にはその倍は来ているんじゃないかという規模でした。チケットの価格は通常$25・VIP料金が$50で、VIPには光るサングラスや光る棒?(安っぽくてキレそうだった)が付いてきます。肌感ですが割合は2:1くらいの割合でした。

あとはRed Bullをはじめとした広告収入がメインになっていそうです。

 

以上 「Night Nation Run」参加で感じた興味深い3つのことでした。

hackletterでは競合/親和性ある会社を分析しレポートするSVREPを提供しております。年間10000社を超える海外企業を分析し、そのビッグデータから得た企業情報を毎月クライアント様にカスタマイズしてお送りしています。無料サンプルレポートのお問い合わせ、海外サービス調査のご相談はこちらよりお気軽にお問い合わせください。

 


About Author

TakizawaYusaku

慶応大学を休学し、シリコンバレーに一年間留学中。 起業家へのインタビュー、大手米国企業のリサーチを精力的に行う。

Comments are closed.