Robert Tuchman氏のトップビジネスを起こすために必要な5つのこと | Hack Letter

Robert Tuchman氏のトップビジネスを起こすために必要な5つのこと

177 views

スポーツなどでチームが優勝するためには、そのチームが才能あふれるメンバーで構成されている必要があるが、それ以上に勝利に求められることは、チームの一員としてチームに尽くし、協同を強く求めるメンバーが多いことである。

ビジネスでも成功を求めるなら、団結力のあるチームが必ず必要になる。調和のとれたチームワークは、それぞれの個人の総和以上の力を生む。企業家として初めは一人で歩みだすことができるが、ビジネスでトップレベルの成功を収めるためには、ビジョンを達成するための同じ熱意を持った仲間が必要になってくるのである。

 

本記事ではRobert氏が実践した、ビジネスの成功のためにすべき5つのことを紹介する。

 

1 強い絆を育むこと

社員に熱意を持って働いてもらうためには、彼らに毎日の仕事を楽しんでもらうことが大切である。例えば、Ben & Jerry’sにはJoy Gangと呼ばれる特殊な委員会が存在するが、そこで人々は「どうすれば仕事場が楽しくなるか」ということだけを考え、追及している。社員が仕事を楽しめる環境であれば、彼らの中に仕事への献身的愛情が芽生え、上司は社員のために、社員は上司のために尽くすというゴールデンサイクルが生まれ、タイトなチームワークが実現する。

 

2 社員を家族として見ること

共に働く人々は色々な意味で家族であり、彼らにそのように接することは大切である。社員のモチベーションを上げるためにバーベキューをご馳走する必要はないが、実の家族よりも時間を共にする彼らには、尊敬と感謝を持って接することが必要不可欠である。

 

3 人員選びにエネルギーを注ぐこと

このことが重要であるということは、いくら強調しても強調し過ぎることはない。もちろん知性があり労働倫理をよく理解した社員は有能だが、熱意とポジティブな態度を持ち、さらに志を同じくする社員が同様に必要なことは言うまでもない。Walt Disney氏は個人的に繋がりがあった芸術大学の卒業生を雇い、彼らには特別な想いを注いで教育を施した。Walt Disney氏のように、企業家たちも確かなスキルを持ち、会社のビジョンを実現することに熱意を注ぐ人員を雇うことが大切である。

 

4 社員に仕事を託すこと

企業家が新卒を雇い、彼らに職務を委託するのを快く思わないケースは意外なほど多い。会社がより高い水準に成長していくためには、一人ではどうしても力不足ということは事実である。Pepsi ColaがRobert氏の急成長中の会社のクライアントになった時、自分だけで抱え込むことができないほどの仕事を抱え、Pepsi Colaに貢献するためには自分だけではなく、どうしてももっとたくさんの人に仕事を委託しなければならないことを悟った。実際に仕事を委託することで、Pepsi Colaに多大な貢献を果たすこととなった。

 

5 自分から始めること

ポジティブな仕事環境は自分から創り出そうとすることから始まる。どれだけ優秀な人員をたくさん雇っていても、企業家自分自身が明るく積極的な仕事環境を創り出そうとしなければ、仲間たちは仕事を楽しむことはできないのに加え、もし彼らが仕事を楽しめなければ、他の会社に移ってしまう。優秀な人材を失ってしまっては上を目指すことはできないであろう。


チームワーク作りは一筋縄ではいかないが、優秀で熱意のある人材を集めることは企業家の成功を呼ぶ。そして、企業家の力だけではなく、必ず仲間の存在が成功のカギとなるのだ。

hackletterでは競合/親和性ある会社を分析しレポートするSVREPを提供しております。年間10000社を超える海外企業を分析し、そのビッグデータから得た企業情報を毎月クライアント様にカスタマイズしてお送りしています。無料サンプルレポートのお問い合わせ、海外サービス調査のご相談はこちらよりお気軽にお問い合わせください。

 


About Author

YoshioHikaru

今年3月からサンノゼ州立大学に1年留学する大学3年生。世界中の人々が自分の願いを見つけ、その願いを存分に生きることができる世界をつくることを念頭に、通訳士を志望する。趣味は音楽でミスチル信者。

Comments are closed.