まずは上の動画をご覧ください。

先日、Lily Roboticsから新型ドローンLilyが登場しました。Lilyは飛ばす際、全自動操縦なのでコントローラーや携帯の操作が必要ありません。あなたが持つ小さな円形の追跡装置を追いかけて飛び、追跡装置をタップすればカメラ機能をオンにできます。Lilyは最高時速40kmで飛び、高度30mまで上昇します。また、防水機能付きで20分の連続航行も可能です。

Lily RoboticsのCTOで共同創業者でもあるBradlow氏によると、Lilyの内部に搭載されているカメラはGoPro Hero 3とほぼ同等の性能だそうです。

このカメラは非常に高性能で、例えばあなたがスノーボードでジャンプ台を飛んだとします。するとあなたがジャンプしたのを感知し、自動でスローモーション撮影に切り替えてくれるのです。また、360度パノラマ撮影をすることなどもできます。

このようにとても機能のいいドローンですがBradlow氏はまだまだ満足していないらしく、ポケットに入るくらいの大きさで値段もさらに安いものを作りたいと考えているようです。

これからドローンの性能はさらに向上していくでしょう。そしてその用途も様々になると思われます。近い将来、ドローンで撮った写真や動画をSNSに載せるのが流行る時代がくるのかもしれません。

 

hackletterでは競合/親和性ある会社を分析しレポートするSVREPを提供しております。年間10000社を超える海外企業を分析し、そのビッグデータから得た企業情報を毎月クライアント様にカスタマイズしてお送りしています。無料サンプルレポートのお問い合わせ、海外サービス調査のご相談はこちらよりお気軽にお問い合わせください。