スティーブジョブズ人生の起点 | Hack Letter/シリコンバレー情報

スティーブジョブズ人生の起点

157 views

IMG_2081

スティーブジョブズ氏には数々の伝説や批判がたくさんあるが、彼がこの世界で大きな偉業を果たしたのは事実である。彼はどのようにして数々の大発明をこの世に残したのだろうか。

 

1972年、スティーブ・ジョブズ氏は、アタリ社に時給5ドルのエンジニアとして雇用された。その頃のジョブズ氏といえば、大学を中退したばかりのヒッピーで、将来の成功など誰も予想ができないほど身なりも汚い人物だった。 そんなジョブズ氏を当初、アタリは雇う気がなかった。しかし、彼は「雇ってくれるまで帰らない」と押しかけることで、半ば強引に自分を売り込むことに成功する。そこまでしてジョブズがアタリで働きたかったのは、創業者であるブッシュネルの存在が大きかった。

 

また、当時のアタリはジョブズに是非とも働きたいと思わせるだけの魅力を持った、サイエンスとアートが融合する、夢の玉手箱のような会社だった。みんなでジャグジーにつかりながらゲームの企画会議をするなど、その手の逸話には事欠きない。アタリで働いた経験とブッシュネルとの出会いが、彼の可能性と創造性を大きく広げた。そしてApple Iに始まる彼の発明は世界中の人々を魅了し、今では我々の生活の一部となったのである。

 

ジョブズ氏の発言の中に「結果の平等はともかく、機会というものは誰にでも平等であると固く信じている」という言葉がある。彼はアタリ社で働く機会を強引にも掴み取り、それを存分に利用したのである。機会というのは誰にでも平等であるかもしれないが、その機会に気づかなければ、すぐに消え去っていってしまう。ずっと待っていてくれるものではないのである。ジョブズ氏は彼の生涯において、そのことを十分に理解し、その上で最高の結果を導くために努力し続けたのである。

 Huntterbookに登録してトランプのような一流のキャリアを描こう。*hunterbookに登録すると以下レジュメをダウンロードできます。

<スティーブ・ジョブズ レジュメ>

スクリーンショット 2018-03-25 13.14.41

apply_hb

hackletterでは競合/親和性ある会社を分析しレポートするSVREPを提供しております。年間10000社を超える海外企業を分析し、そのビッグデータから得た企業情報を毎月クライアント様にカスタマイズしてお送りしています。無料サンプルレポートのお問い合わせ、海外サービス調査のご相談はこちらよりお気軽にお問い合わせください。

 


About Author

SUZUKA

hackjpnのコミュニティーマネージャー 横浜国大大学で統計学を学び、現在はhackjpnで日本のコミュニティーマネージャーを行なっている。特技はアンパンを早食いすること。趣味はあらゆる数字を統計してグラフ化すること。社内では数学オタクとよばれている。

Comments are closed.