Amazon (1/27-2/2) 週刊ニュースまとめ | Hack Letter

Amazon (1/27-2/2) 週刊ニュースまとめ

65 views

2017/01/27

Amazon、AWSサービス「Cloud Directory」を提供開始

AWSは、「Cloud Directory」を米国東部、米国西部、アイルランド、シンガポール、オーストラリアのデータセンターで一般的提供を開始した。同社は、通常のクラウドベースの管理とAmazon Web Servicesの宣伝によるスケールメリットに加えて、Cloud Directoryは複数の次元とデータ拡張を安全に処理できると述べている。

同様に、AWS組織はCloud Directoryを使用して、関連するAWSアカウントのグループの作成をサポートし、複数の階層を有効に活用して幅広いポリシーを実施。

Amazonは、この新しいサービスは、「最終的に一貫性のある」データ検索と検索のためのものだと語っている。

クラウドディレクトリの価格設定は、AWSのオレゴン地域で10,000回の読み取りでは0.0036ドル、書き込みでは0.0039ドルから、ストレージのGB当たりでは0.23ドルから。シドニーは1万回あたり0.0084ドル、1,000回の書き込みあたり0.0090ドル、GB当たり0.285ドルのストレージ。

http://www.zdnet.com/article/aws-unveils-cloud-directory-for-storage-of-hierarchical-data/

 

2017/01/29

米Amazon Paypalとサイトでの決済サービス連携について交渉中

PayPalはAmazonとの協議で、ユーザーがPayPalを使用してショッピングサイトから商品やサービスを購入できるようにする可能性があることを確認した。 PayPalのCEO、Dan Schulmanは「私たちは現在、2億人のユーザーを投入しています。その規模では、小売業者はPayPalを受け入れないと考えるのは難しいです」と回答。 Amazonは、すべてのオンライン販売の74.1%と推定される最大の電子商取引サイトである。 18カ月前に親会社であるeBayから分離されたPayPalは、Walmart、Best Buy、Netflixなど数多くのサイトや小売業者に受け入れられている。

https://www.cnet.com/news/paypal-on-amazon-it-might-happen-yet/

 

2017/01/30

Amazon Starbucksと提携しiOSアプリとAmazon Alexaでの音声オーダーサービスを開始

月曜日、スターバックスは、同社のモバイルiOSアプリとアマゾンのAlexa内で音声発注機能を正式に開始したと発表した。この機能は、スターバックスがモバイル注文に注文する顧客を増やすことに成功したことを基にしている。最新のスターバックスの四半期発表では米国の企業運営店舗でトランザクションの7%を占めており、前年の3%から大幅に増加している。

http://fortune.com/2017/01/30/starbucks-alexa-voice-ordering/

 

Amazon、トランプ大統領の移民政策に対して政治家と対抗する動きをみせる

AmazonのCEO Jeff Bezosは、12月にニューヨークのTrump Towerで技術責任者の会合に出席する。

Amazon.comのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)は、ドナルド・トランプ大統領の移民法上の執行命令に対抗するための法的オプションを検討するため、議員や州当局と協力していると述べた。

Bezos氏は、月曜日の職員宛ての電子メールで、法律上の選択肢を探るため議会のメンバーに連絡を取ったと述べた。ワシントンD.C.の同社の公的政策チームもまた、その反対を明確にするために、上級管理官に連絡を取っている、とBezos氏は書いている。

ベゾス氏は、注文の企業不承認の最強の兆候の1つとして、アマゾンは、ワシントン州検事総長の命令に対して、月曜日に提出された訴訟の支持宣言を作成したと述べた。 「我々は他の法的選択肢にも取り組んでいる」と付け加えた。

https://www.wsj.com/articles/amazon-is-working-with-lawmakers-to-counter-trumps-immigration-order-1485814300

 

 

MXNet がApache Incubatorに参加

Amazon Web Servicesの優先学習フレームワークであるMXNetはApache Incubatorに受け入れられた。

Apache Software Foundationは、世界中のオープンソースプロジェクトを管理している数千の開発者の努力をサポートしている。 ASFは、MXNetが実証済みの真のオープンソースプロセスを採用するのを助け、Apacheコミュニティへのアクセスも提供している。

 https://techcrunch.com/2017/01/30/mxnet-accepted-to-the-apache-incubator/

 

 

2017/01/31

Amazon $1,5billionをかけて独自貨物航空機のハブを建設すると発表

Amazonは、北ケンタッキー州で最大2,000人の従業員を雇用する独自の貨物エアハブを開設予定であることを発表した。UPSとFedExに挑戦する巨大な物流ネットワークを構築することになる。 Amazonの施設は、自社の倉庫間でパッケージを運搬するためにリースしているAmazon Prime Airの航空機40台の為に建設される予定だ。

Amazonは、航空機のうちの16機が既に稼動していると述べた。 シンシナティ・ビジネス・クーリエ(Cincinnati Business Courier)は、このプロジェクトの費用を14億9000万ドルで賄っており、アマゾンは地方政府からの税制優遇措置で4,000万ドルを調達していると述べている。同社は、合計900エーカーの賃貸借契約を承認したという。 Amazonなどは、UPSのような出荷パートナーが処理できないパッケージに対する顧客の要求に応えられるように開始したと述べている。 CEOのJeff Bezosは、AmazonがUPSと直接競争しようとしていないと発言。 飛行機を越えて、同社は何千ものトラックトレーラーを購入し、中国と米国の間で商品を移動させる海上貨物運送事業者としても行動し始めています。

http://www.recode.net/2017/1/31/14462256/amazon-air-cargo-hub-kentucky-airport-prime-air

https://www.youtube.com/watch?v=MzOrpt6Cm-0

 

2017/02/02

Amazon 2017年第4四半期決算を発表

2016年第4四半期

第4四半期の純売上高は、前年同期の227億ドルから327億ドルへ22%増加しました。第4四半期中の為替相場の前年同期の不利な影響による558百万ドルの影響を除くと、純売上高も2015年第4四半期と比較し24%増加。

第4四半期の営業利益は13%増の13億ドルとなりました。2015年第4四半期の営業利益は11億ドルでした。

第4四半期の純利益は、第4四半期で749百万ドル(希薄化後1株当たり1.54ドル)であったのに対し、2015年の第4四半期の純利益は482百万ドル、希薄化後1株当たり1.00ドルでした。

http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=97664&p=irol-newsArticle&ID=2241835

Amazon 音声スキル作成を助ける「Alexa Hub」を発表

Amazonは、Alexaの音声エコシステムで、より多くのブランドとマーケティング担当者を求めています。

同社は、Echoデバイスファミリのための「skill」(Amazonのアプリ用単語)の作成を開始するためのオンラインハブを開始しました。 ハブには現在、Razorfish、Mobiquity、VaynerMediaなどを含む「Alexaスキルの設計、開発、最適化の専門知識を持つ20機関」が掲載されています。独自のAlexaスキルを構築したいブランドのために、ハブはそれらをAlexaスキルキットとその他の3つの開発フレームワークに接続します。ブランドとマーケティング担当者がAlexaのスキルとどのように交流しているかを測定するための3つの音声分析プロバイダーのリストも掲載されています。

Amazonにとっては、成長する声の動きに参加するようにマーケティング担当者に促すことです。複数のアナリストによると、Echoファミリーの売上高は2016年のホリデーショッピングシーズンに急増しました。 これらのデバイスを取り巻くスキル/アプリのエコシステムも成長しています。 Amazonは、既に7,000以上のスキルをデバイスに提供していると報告しています。

http://marketingland.com/amazon-launches-alexa-hub-help-marketers-create-voice-skills-205486

 

 

Amazon alexaのスキル開発を促進させる「Alexa hub」に注目したい。すでにalexaは7000を超えるスキルを有しているものの1/3のスキルはほとんど消費者のレビューがついていないとのこと。

実際に私もalexaとgoogle homeを購入し試してみたが、通常時の使用方法は限られていた。(音楽を聞く、なにか即座に調べ物をする時)。音声アシスタントを使う習慣が見についていないからだと考えられるが、スタバのオーダーなどどんどん日常生活に入り込んでくるサービスが出てくると、人間の習慣も自然と変わってくるだろう。

 

先週分のニュースではフルフィルメントセンター開設と、中国における海上輸送進出のニュースがあったが今週はさらに独自貨物輸送機用のハブを開設発表。世界の物流を握ってバイイングパワーを使うビジネスを行うのか、全ての売買に参加しamazonアカウントを決済に使用させることで購入データをもとにしたamazon経済をつくるのか。

 

今後の動きにも注視したい。

hackletterでは競合/親和性ある会社を分析しレポートするSVREPを提供しております。年間10000社を超える海外企業を分析し、そのビッグデータから得た企業情報を毎月クライアント様にカスタマイズしてお送りしています。無料サンプルレポートのお問い合わせ、海外サービス調査のご相談はこちらよりお気軽にお問い合わせください。

 


About Author

TakizawaYusaku

慶応大学を休学し、シリコンバレーに一年間留学中。 起業家へのインタビュー、大手米国企業のリサーチを精力的に行う。

Comments are closed.