自動運転(1/18-26) 週間ニュースまとめ | Hack Letter/シリコンバレー情報

自動運転(1/18-26) 週間ニュースまとめ

108 views

2017/1/19

Tesla, Model S、Ludicrous+ のアップデートにより2.389秒で60mph に到達。

Tesla の製品の中でもっとも技術的に発達していて、完全なself-drivinigに着実に近いauto-pilot system を搭載したModel S P100DがLudicrous と呼ばれる車内部のソフトウェアのアップデートにより、2秒で速度60mphに到達が可能になる。

https://techcrunch.com/2017/01/19/tesla-model-s-p100d-runs-a-2-389-second-0-60mph-time-with-ludicrous-update/

Waymo、新しいミニバンを今月末からテスト運転

2009年に始動したGoogle のself driving car project が2016年12月より, Waymoという独立した会社が創設された。Google のself-driving 技術の発達をより集中的に促進していく試みだ。

今月末、self-driving  機能を搭載した新しいミニバンにWaymoのロゴを載せて公道でテスト運転を開始する。

https://techcrunch.com/2017/01/19/conan-obrien-takes-a-look-at-waymos-earlier-self-driving-van-tests/

 

2017/01/20

Tesla、オートパイロットによる事故で機能的な欠陥がないことが証明される

NHTSA(米国運輸省)は2016年の5月に起きた、高速道路でオートパイロットモードで運転していたジョシュア.ブラウンさんが大型のトラックに衝突し、命を落とした事故で、オートパイロットシステムに機能的な欠陥はなかったとし、運転手側に責任があると結論づけた。

https://www.theguardian.com/technology/2017/jan/20/tesla-model-s-cleared-auto-safety-regulator-after-fatal-autopilot-crash

2017/01/21

Uber, self-driving 技術向上のため元Googleのサーチ部署のベテランを雇用

Uber technology.Inc は15年間Googleのサーチエンジンなどの部署を率いてきたAmit Singhalをself-driving の促進のため、雇用を発表。エンジニアリング部門の上級副社長として、CEOのTravis Kalanickのアドバイスなどを行なっていく。Singhalはインドの恵まれない子供達への教育を支援する機関、the Singhal Foundationの創設者でもある。

http://www.thehindu.com/business/Industry/Google’s-Singhal-to-steer-Uber’s-self-driving-car/article17074951.ece

 

2017/1/24

TeslaのCEO イーロンマスク、「拡張オートパイロット機能から完全自動運転までの移行に3ヶ月から6ヶ月」

拡張オートパイロット機能を2016年の12月に紹介し、4つのカメラ、レーダーで360度の範囲の車周辺情報を収集でき、高速道路や公道での自動運転走行をもっとスムーズに安全にできるようになった。この機能は、2017年の終わりまでに装備される予定である。完全自動運転機能を持った車もその後リリースすると宣言しており、8つカメラを搭載しさらに精度の極まった自動運転が可能になる。その移行にはわずか3ヶ月から6ヶ月しかかからない。

https://electrek.co/2017/01/24/tesla-enhanced-autopilot-to-fully-self-driving-says-elon-musk/

 

2017/1/26

Tesla, 元オートパイロットシステムのマネージャーを起訴

Teslaは、不正なteslaの従業員の引き抜き、情報漏洩を容疑に元オートパイロットシステムのプロダクトマネージャであるスターリング.アンダーソンと、元グーグルのself-drivnig プロジェクトのダイレクターであるクリス.アームソンを起訴した。二人は自分たちの立ち上げたベンチャー企業に優秀な人材や情報を使用するために行った。当ベンチャーである、オーロライノベーションは、メリットのない裁判であるとし、競争への恐怖であると結論づけている。

 

http://fortune.com/2017/01/26/tesla-lawsuit-employee/

 

Uber, 6週間前のSF でのself driving car の不祥事で、人間による走行しか許されず。

Uberのself-drivnigの試運転ちゅであった車がSan Franciscoで赤信号を無視したことにより、米国運輸省がUberにself-drivingの試運転の停止を命じていたが、人間が運転するという条件下であれば、地図情報収集のみの目的で試運転の再開の許可がついに降りた。しかし、赤信号での交差点への侵入は致命的なミスであり、今後uberに自動運転の開発許可がSan Franciscoで降りることは難しく、自動運転開発に乗り遅れることになる可能性がある。

https://www.inverse.com/article/26926-uber-self-driving-san

hackletterでは競合/親和性ある会社を分析しレポートするSVREPを提供しております。年間10000社を超える海外企業を分析し、そのビッグデータから得た企業情報を毎月クライアント様にカスタマイズしてお送りしています。無料サンプルレポートのお問い合わせ、海外サービス調査のご相談はこちらよりお気軽にお問い合わせください。

 


About Author

hackletterteam

Comments are closed.