Amazon (1/13-1/19)週刊ニュースまとめ | Hack Letter

Amazon (1/13-1/19)週刊ニュースまとめ

257 views

 

2017/01/13

米アマゾン、初の定額制チャンネルとして日本アニメ専門局を開設

Anime StrikeはAmazonのオンデマンドオプションとして発表されたチャンネル。今のところ米国のプライムメンバーだけが利用可能で、さまざまな年齢層にアピールすることを目的とした大人用、ロマンス、アクションを提供しています。古いアニメだけでなく、最新のアニメも放送します。

https://www.engadget.com/2017/01/12/amazon-anime-strike-streaming-subscription/

 

2017/01/15

米アマゾン、ドローン実験のための申請書を米連邦通信委員会に提出

Amazonはワシントン州シアトルとシアトルのモバイル機器や固定基地局を含む実験的な無線通信技術をテストする準備を進めている。申請書には「革新的な通信機能と機能性」をサポートするよう設計されたプロトタイプが含まれていることを銘記して、新しいタイプの技術やワイヤレスサービスを示唆しています。

ニール・ウッドワード氏を提出した主な連絡先に挙がっている。 2008年にAmazonに加わった退役NASAの宇宙飛行士であるWoodwardは、現在、Amazonの無人機配送の担当チームであるPrime Airの上級管理者である。

http://www.businessinsider.com/amazon-wants-government-permission-to-run-mystery-wireless-tests-in-rural-washington-2017-1

 

2017/01/16

米アマゾン、今後1年半で10万人を新規採用予定と発表

アマゾンは今後18ヶ月間に米国で10万以上のフルタイムの雇用を創出する計画を明らかにした。

これは、2018年中頃までに米国に拠点を置く従業員が28万人以上に増えると述べている。

職務の多くは新しい履行センターになり、エンジニアリングからソフトウェア開発の役割にまで及ぶと同社は述べている。アマゾンは過去5年間で米国の給与計算を15万人増やしたと付け加えた。

http://www.businessinsider.com/amazon-to-create-100000-full-time-jobs-in-the-us-2017-1

 

2017/01/17

スタートアップ支援プログラム「Amazon Launchpad 」の日本版開始

米アマゾンはスタートアップを支援するグローバルプログラム「Amazon Launchpad」の日本版を開始した。専用ストア「Amazon Launchpadストア」で製品を国内外のユーザーに紹介するほか、マーケティングや販売サポート、配送サービスも提供する。

日本では、日本ベンチャーキャピタル協会やクラウドファンディングサイト「Makuake」、IoTベンチャーを支援するABBALabと協力している。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1701/18/news123.html

 

 

イベントチケット販売事業強化のため、ワーナーミュージックの上級副社長を引き抜き

アマゾンは、ワーナーミュージックで、セールス&マーケティンググループの上級副社長を勤めていたローレンス・ペライヤ(Lawrence Peryer)を、米国チケット事業のディレクターに引き抜き、イベントチケット販売ビジネスの強化に本腰を入れ始めている。アマゾンのキャリアサイトに、シアトルに拠点を置く発券関連の仕事が満載されていると報告され、ビジネス開発やエンジニアを含んでいる。現在、チケット発券部門全体で20件近くの転記がある。

http://www.billboard.com/biz/articles/news/digital-and-mobile/7647482/amazon-taps-warner-music-veteran-to-lead-ticketing-unit

 

アマゾンが自動運転車をコントロールする高速道路のネットワーク特許を取得

アマゾンは、自動運転体験の非常に特殊な側面を管理するネットワーク、すなわち自動運転車が可逆レーンをどのようにナビゲートするかについての特許を取得した。

この特許では、自家用車と通信できるネットワークを紹介しているため、交通の変化に対応することができます。州境を越えて旅行する際に、異なる交通法が適用されるの道路を運転する自動運転車にとって特に重要です。

最近Amazonが独自のロジスティックスネットワークを構築し、より多くの配送プロセスを管理することを踏まえて、アマゾンはそのプロセスをいかに緩和するかを考えています。

 

http://www.recode.net/2017/1/17/14294498/amazon-self-driving-roads-patent

 

 

アマゾンの求人情報より、VRを使ったショッピング体験を提供する準備が見られる

先月、同社のスタジオでVRプロジェクトを監督する元トライベッカ映画祭の頭、ジェンナ・テラノワを雇いました。

Amazonは、VRをショッピング体験にもたらすことを目指しているようで、最近の求人情報によると同社はVRのクリエイティブディレクターが「AmazonのVRソリューションの未来を想像する」ことを探しているという。

仕事は、製品の検索と広告技術を監督する同社のA9部門。この部門は「多種多様なVRデバイスで何百万人もの顧客が使用するAmazonのVRショッピング体験を構築している」としている。

 

https://techcrunch.com/2017/01/19/amazon-job-posting-suggests-plans-to-bring-shopping-experiences-into-vr/

 

2017/01/18

アマゾン、新規の映画製作者を10万ドルで募集

今年は、アマゾンがマンチェスター・バイ・ザ・シーのおかげでオスカー・シーンに大胆に参入しました。マンチェスターはもともと2016サンダンス映画祭で初演され、そのイベントの2017年版では、アマゾンは再び独立した映画制作者を求めています。これは、映画を1年足らずのAmazon Video Directサービスにアップロードすることを選択した物語映画制作者に、10万ドルとロイヤリティの増加を提供しています。

この契約を結び、Sundance映画をAmazon Video Directにアップロードするクリエイターは、映画が制作する1時間の視聴時間ごとに30セントを獲得します。そのレートは、他のダイレクトアップロードユーザーに支払われる15セントの時間ロイヤリティの2倍です。その代わりに、参加している映画制作者は、少なくとも1年間独占権を持って、Amazonで2年間作品を利用できるようにする必要があります。

http://www.tubefilter.com/2017/01/18/amazon-video-direct-offer-sundance-film-festival/

 

2017/01/19

アマゾンとアップル、オーディオブック独占契約撤回

米アマゾン・ドット・コムとアップルは欧州連合(EU)、全世界でオーディオブックを独占的に供給・販売する契約を撤回した。EUの競争当局の役割を担う欧州委員会はこれについて調査に入っていたが、契約解消の決定を歓迎すると述べ、同じく両社の取り決めを問題視していたドイツの競争当局も正式な調査を中止した。

 この契約では、アップルがオーディオブックの供給を受けられるのはアマゾンの「オーディブル」サービスからだけで、逆にアマゾンはアップルの「iTunes(アイチューンズ)」以外の他社電子プラットフォームへオーディオブックを流通させないと定めていた。

http://www.wsj.com/articles/eu-says-amazon-apple-end-exclusivity-obligations-for-audiobooks-1484823912

hackletterでは競合/親和性ある会社を分析しレポートするSVREPを提供しております。年間10000社を超える海外企業を分析し、そのビッグデータから得た企業情報を毎月クライアント様にカスタマイズしてお送りしています。無料サンプルレポートのお問い合わせ、海外サービス調査のご相談はこちらよりお気軽にお問い合わせください。

 


About Author

TakizawaYusaku

慶応大学を休学し、シリコンバレーに一年間留学中。 起業家へのインタビュー、大手米国企業のリサーチを精力的に行う。

Comments are closed.