リケジョA、シリコンバレーでの挑戦 | Hack Letter/シリコンバレー情報

リケジョA、シリコンバレーでの挑戦

528 views

世界有数のIT企業が集まる、ここシリコンバレー。世界中から優秀なエンジニアも集まってくるITの聖地。しかし、IT企業といえば、有名なIT企業でさえも男性エンジニアが70%、女性エンジニアは30%と、まだまだ男社会だ。

そんなシリコンバレーだが、多くの優秀な女性エンジニアが活躍しているのも事実。

彼女達は、どのようにエンジニアの仕事を得て、どのようにネットワークを広げているのか、少しご紹介したい。

 

現在シリコンバレーにて、女性ソフトウェアエンジニアとして活躍しているAさんに話を聞いた。

彼女は日本の大学にて情報科学を専攻し、BS Degreeを取得。大学を卒業後、大手システムインテグレーターの企業にシステムエンジニアとして就職、3年間システム開発の基礎を学ぶ。開発は、金融システム、ホテル予約システム、携帯アプリシステム、CRMシステム、WEB開発からエンタープライズシステムまで、幅広く、主要開発メンバーとして働く。3年目にして、開発チームリーダーとして、チームを任され、忙しい毎日を送っていた。

 

そんな忙しくも充実した生活を送っていた3年間だったが、学生時代からの夢である、「海外で働きたい」という思いが日に日に強くなっていった。また、日本で働いていた会社や仕事にそれなりの充実感は合ったものの、アメリカで挑戦したいと言う思いが強くなり、2003年に会社を辞めると決意。ここからが、アメリカで働く挑戦の始まりとなった。

 

渡米するにあたり、まず最初にビザ取得問題という壁がある。Aさんは運よく日系企業のインターン先が見つかり、18カ月の有給インターンシップ(J1)のビザを取得する事ができた。彼女が担当していたのは、WEB開発の開発エンジニア。PHPやMySQLなど、オープンソースを使ったWEB開発を行っていた。ところが働きだして数週間後、インターシップ先のアメリカ人上司が、会社の別の上司と喧嘩をして突然辞職。彼が受け持っていたすべてのプロジェクトを、急に引き継ぎ資料もないまま引き継ぐ、という苦い経験をした。その時「アメリカ人と働く」と言う事を学ぶ。

 

しかし、その後その努力が認められ、就労ビザのオファーを受け、就労ビザ(H1-B)を取得する。3年後、あるStart-up企業から、新しいチームを立ち上げると言う事で誘いがあり、人生では2度目、アメリカでは最初の転職を決意する。


新しいStart-up企業では、WEBポータルサイトのモジュールの開発を担当。会社は、投資家がついていた為、資金は潤沢にあると安心していた。開発メンバーは揃っていなかったため、少ないメンバーでシステムリリースに向け、毎日深夜まで働いていた。ファーストリリースをを終え、次のリリースを控えていた矢先に、まさかの会社の資金がなくなり倒産。レイオフされる事態に。転職してわずか1年。しかも、当時は就労ビザ(H1-B)で働いていたため、即転職か日本へ即帰国か、という厳しい現実を突きつけられる。やむを得ずまた転職活動をすることに。ここで、Start-upの厳しさを知る。

つづく

hackletterでは競合/親和性ある会社を分析しレポートするSVREPを提供しております。年間10000社を超える海外企業を分析し、そのビッグデータから得た企業情報を毎月クライアント様にカスタマイズしてお送りしています。無料サンプルレポートのお問い合わせ、海外サービス調査のご相談はこちらよりお気軽にお問い合わせください。

 


About Author

大学卒業後2年の銀行員生活の後、結婚と同時に退職。専業主婦16年を経て、社会復帰。同銀行契約社員として2年勤務。何を思いたったか突然シリコンバレーにてMBA(国際ビジネス専攻)取得を目指す高校生2人の母親。現在主人を独り日本に残し、母子留学中。

Comments are closed.