Slackを食うか食われるか、B向けコミュニケーション市場のゆくえ。 | Hack Letter

Slackを食うか食われるか、B向けコミュニケーション市場のゆくえ。

556 views

ヘルス市場のslackと呼ばれるコミュニケーションツール, stitchのユーザー数が急増している。

同社はYコンが出資しているスタートアップで、現在調達額は120Kと少ないが、医療に特化しているため、老人ホームや薬局、病院など横の繋がりで導入している。

 

米国では2010年以降に生まれた、B向けコミュニケーションツールはピポッドやバイアウトをする一方で、上記企業や金融市場に特化したSymphony.comなど、一つの市場に特化した、コミュニケーションツールが今後増加傾向にある。

 

例えば、Stitchでは電子カルテの簡単なアップロードや、Symphonyでは銀行などの金融機関が最も重要視する強固なセキュリティー”など専門分野に適応したツールが何よりもの強みである。

特定市場/組織に限定したコミュニケーションツールは、その市場/組織が抱える独自の問題を解決しやすいため、組織内で導入が進みやすく、今後エンタープライズ向けコミュニケーション市場にますます参入してくるだろう。

 

今年4/16に行われたFacebookのカンファレンスF8では、Facebookのコミュニケーションツールである、メッセンジャーをエンタープライズ向けにも提供する予定であるとCEOのマーク・ザッカーバーグ氏が発表した。

今後、エンタープライズ向けコミュニケーションツールは大手企業、スタートアップが次々と参入し、さらなるユーザー獲得争いが繰り広げられることが予測できる。

reporter/@tomura

hackletterではシリコンバレーのスタートアップをトラッキングする有料サービスを提供しております。お問い合わせはこちらより。

 

 

hackletterでは競合/親和性ある会社を分析しレポートするSVREPを提供しております。年間10000社を超える海外企業を分析し、そのビッグデータから得た企業情報を毎月クライアント様にカスタマイズしてお送りしています。無料サンプルレポートのお問い合わせ、海外サービス調査のご相談はこちらよりお気軽にお問い合わせください。

 


About Author

Hikaru Tomura

Comments are closed.