働き方は一つじゃない ~サンフランシスコキャリアフォーラム・パネルディスカッション一日目を聞いて~ | Hack Letter/シリコンバレー情報

働き方は一つじゃない ~サンフランシスコキャリアフォーラム・パネルディスカッション一日目を聞いて~

740 views

シリコンバレーといえば、世界中のエンジニア達が自らの会社を設立するために集まる場所、いわばエンジニアの聖地である。GoogleFacebookAppleなど世界を代表するIT企業も集まっている。しかし、本当にこの土地はそんなエンジニア達の為だけのものだろうか?

2月19日20日と二日間に渡って、日英バイリンガルの留学生のための就活フォーラムがサンフランシスコにて行われた。そこで、シリコンバレーで活躍する日本人を集めてパネルディスカッションが催された。今回は、一日目19日金曜日の「日米、大手・ベンチャーの働き方の違い」をテーマに行われたパネルディスカッションの模様をお届けしたい。

登壇者:

本間 毅氏(Rakuten USA)堀江 愛利氏(Women’s Startup Lab)西城 洋志氏(Yamaha Motor Ventures & Laboratory Silicon Valley Inc.)寺井 淳氏(日本経済新聞社デジタル編成局)

シリコンバレーって何が違うの?

まず最初に語られたのは企業風土の違いについて。渡米前、日系大手企業で働いていた西城氏・寺井氏は「若手が上司に提言してもなかなか聞いてもらえない」「縦のつながりしかない(他部署とのつながりがない)」などの点を指摘する。現在エバーノートで勤務中の寺井氏は、金曜の夜に他部署の人と集まって飲む企業カルチャーに驚いた、という。

私もかつて見学したことがあるが、エバーノートのオフィスは至るところにキッチンやソファが置いてある、“仕事場”というよりも“リビング”といった感じの環境だ。また、アメリカのスタートアップ企業にはよく卓球台が置いてあるのだが、それを真似して日系企業が取り入れても「上司が見ている間は自由に休憩できない」というマインドから変わらなければ全く効果はないだろう、と寺井氏は語る。アメリカでは各々社員が自立しているからこそ、くつろげる、リラックスした環境づくりがなされているのだ。

 

シリコンバレーの働き方

登壇者の中で現在もエンジニアとして働いているのは寺井氏、一人である。では他にはどんな仕事があるのだろうか?

西城氏はいわゆるベンチャーキャピタリスト(スタートアップ企業への投資家のこと。シリコンバレーには多く存在する)として働き、大手日系企業とシリコンバレーのスタートアップ企業とのコラボレーションを画策中である。また、シリコンバレーからより多くの起業家が生まれるために投資をし、シリコンバレーの活性化に貢献している。

堀江氏は女性の起業家を支援する団体のトップとして活躍中。起業家のプレゼンテーションやビジネスモデルのブラッシュアップを行うなど、「起業家の育成」をすると同時に、大企業に起業家の紹介などをし、大企業と起業家をつなぐ役割を果たしている。

 

この土地ではよく「シリコンバレーのエコシステム」という言葉が盛んに聞かれる。シリコンバレーが特別なのは、世界中から集まる起業家や、新製品の特許取得のプロフェッショナルである弁護士、ベンチャーキャピタリスト、数多くの起業家を輩出する大学、スタートアップとコラボレーション文化のある企業、新たに起業家が生まれる仕組み・環境など、これら全てを包括する「エコシステム」があるからだ。西城氏、堀江氏は起業家をサポートする立場であり、まさに起業家として以外の「エコシステム」の一員なのだ。

西城氏は「シリコンバレーはアメリカじゃない」という。多国籍のパイオニア達が入り混じっており、クレイジーな発想の人が多い。ビジネスパートナーを見つけるにはまさにうってつけなのだ。

アントレプレナーシップを忘れずに

そしてモデレーターである本間氏が語ったのは、「どんな企業にいても、どんな環境にいてもアントレプレナーシップ(起業精神)を持つ」ということ。本間氏は日本でも自ら起業し、その後日本の大企業で働き、渡米後はアメリカの大企業・スタートアップと様々な就業環境を経験したが、結局はどんな環境に身を置いても「自分が何をするのか」が大事だ、と気づいたという。

アントレプレナーシップ(起業精神)を持つ人はリスクをとることを恐れない。たとえ実際に起業していなくても、アントレプレナーシップを持って大企業に勤めることも必要。自分が新しく何をやるか、という面では、それが組織の中であっても起業家と変わらないのだ。

 

シリコンバレーでの働き方はエンジニアだけだろうか?そうではない。

起業が盛んなこの土地に留学して、起業を目指す学生と共に起業の授業を受けて、多くの起業家に会って・・・それでも自分が起業をする姿が想像できなかった。

だが、西城氏は言った。「起業は手段の一つにすぎない。自分のやりたいことを達成するには組織の中でやったほうがスムーズだし、そのほうが面白い」

シリコンバレーでの働き方は一つではない。私自身がエンジニアではなくビジネス専攻だからだろうか、シリコンバレーで活躍するVCや起業家をサポートする人々、起業家と大手企業をつなぎ合わせる人、など「起業家の周りの人々」に惹かれてしまうのだ。そして私も、シリコンバレーのエコシステムの一部になることは十分可能だろう。

しかしながら、この土地にいる誰しもがみなアントレプレナーシップを持っている。たとえ組織の中にいても、常にイノベーションを起こそうとしている。誰も見たことのない新しいものを創り上げようとしている。だからこそ、この土地の人々はみな魅力的なのだろう。

この土地の働き方は一つではない。

hackletterでは競合/親和性ある会社を分析しレポートするSVREPを提供しております。年間10000社を超える海外企業を分析し、そのビッグデータから得た企業情報を毎月クライアント様にカスタマイズしてお送りしています。無料サンプルレポートのお問い合わせ、海外サービス調査のご相談はこちらよりお気軽にお問い合わせください。

 


About Author

hackletter staff

Comments are closed.