アップル社がこだわる5つの隠されたデザイン | Hack Letter

アップル社がこだわる5つの隠されたデザイン

667 views

iPod、Mac、iPad、そしてiPhoneといった数多くの人気製品を生み出してきた米アップル。実はアップル製品には消費者には気づきにくいが、外部にはもちろん内部に洗練されたデザインが施されているのをご存知だろうか。アップルの製品には我々には中々気付かない驚くようなデザインが搭載されており、それらは実際に製品を使ってみないと気付かないものばかりなのだ。今回はこれらの中からあなたの生活によりおトクな5つのデザインを紹介していこう。

1. アップルマップ

freelancer-606762_640 アップルマップはGoogleマップに比べて性能が劣っているという声をしばしば耳にするが、アップルマップにも言われなければ気が付かない驚くべき機能が隠されている。実はこのアップルマップ、衛星写真モードに切り替えて世界のあらゆる場所を見ると、そこに写る写真がリアルタイムで更新され、その世界の現在の情景を見ることができるのだ。Googleマップの衛星写真やストリートビューは、ある一定の期間にGoogleカメラを搭載した車が一斉に撮影した風景を表示し、一定の期間に更新されている。ところがアップルマップは常に現在の情景を見ることができるため、常に世界の最新の情景を閲覧できるのだ。

2. Mac Bookの表面の光

apple-768024_640 Mac Bookを開いて使用している際は、表面のアップルのロゴが白く光り、使用を止めてMac Bookを閉じた際には光が消えるのをご存知だっただろうか。このデザインはMac Bookだけでなく、iMacや、アップルがかつて販売していたeMacにも使用されており、長期間に渡って採用されているデザインなのだ。この光は成人の呼吸リズムを表している。

3. iPhoneのカメラ機能の向上

sunset-1192784_640 iPhoneに搭載されているカメラ機能の向上には目を見はるものがある。もちろんカメラの不具合は極めて少ない。また、iPhoneのカメラモジュールには人間の髪の毛よりも細い約200の異なる部品によって構成されており、一度シャッターを押すだけで約240億もの部品が即座に作動し撮影を行う。我々が日常に何気なく使用しているiPhoneのカメラには人間の手では到底数えられないほどの細かい部品が常に作動しているのである。今後のiPhoneカメラの画質の向上に期待が高まる。iPhoneが一眼レフを超える画素数を叩き出す日は近いかもしれない。

4. シングルショット

smartphone-789625_640 Apple Watchなどで写真を撮影する際、被写体が最も綺麗かつ洗練されて撮影されるために約24000枚以上の写真が撮影され、その中から最も被写体の写りの良い写真が厳選されている。我々が普段無意識的に撮影した写真は実は24000枚以上の写真から厳選されて画面に表示されているのだ。

5. ハードウェアの対称性

iphone-563067_640 各メーカーが販売するスマートフォンは所々共通している部分があるが、ある一定の対称性が存在している。例えばiPhoneはiPhone5以降イヤホンジャックが中央に搭載されているのに対し、Samsung Galaxyは同一のことは言えないなどということだ。つまり生産するメーカーが異なればデザインに対称性が伴うのは不可避ということである。アップルは他社の製品とデザイン性に差をつけ、消費者がより容易にデバイスを使用できるように工夫したのだ。

まとめ

普段何気なく使っているMac Bookにこのような機能が施されたきっかけは実に興味深いものだ。何気無く使用する際にはいざ指摘されなければこれらの工夫には気付かないが、気づかないところにも洗練された工夫を行うアップルのこだわりの精神はこれからも消費者の心をつかんでいくことだろう。 要約元

hackletterでは競合/親和性ある会社を分析しレポートするSVREPを提供しております。年間10000社を超える海外企業を分析し、そのビッグデータから得た企業情報を毎月クライアント様にカスタマイズしてお送りしています。無料サンプルレポートのお問い合わせ、海外サービス調査のご相談はこちらよりお気軽にお問い合わせください。

 


About Author

hackletter staff

Comments are closed.