金持ちになるために医学部に行く時代は終わり | Hack Letter/シリコンバレー情報

金持ちになるために医学部に行く時代は終わり

382 views

college salary5

Stevens Institute of Technology in Hoboken, NJの学部生たちは2014年の就職活動において目覚ましい活躍を見せた。563人中その4分の3近くの卒業生が採用されたが、その中では大学院生はたったの15%ほどであった。仕事を見つけた大多数の卒業生たちがかなり多めの初任給を獲得した。コンピューターサイエンス学部の卒業生は平均で$71,500、高めの卒業生は$102,000を得た。ケミカルエンジニアリングの卒業生たちの平均も$72,100、高めで$100,000と高かった。ほとんどの給料の良い仕事にありついたStevensの卒業生たちの専攻は何かエンジニアリングに関係する学部かコンピューターサイエンスであった

この2つを専攻した卒業生は、新入社員とインターンシップを探したい人のためのサイト、Internmatchを運営しているLooksharpという会社の2015 State of College Hiringという新しい大規模な調査によって最も儲けていることがわかった。この調査では、46000人のユーザーに、インターンシップでお世話になった会社に就職したか否かということから、どのように仕事を探したのかというありとあらゆる52にも上る質問に答えてもらった。その結果、給料をもらってインターンシップをしていた学生がそうでなかった学生と比べて正規の仕事を受け持っていることが多いということと、グーグルが入りたい会社No.1ということがわかった。今回Forbesの記者Susan Adam氏は、LooksharpのバイスプレジデントであるNathan Parcells氏に、その調査のレポートについてさらに詳しく教えてもらうことになった。

Adam氏はNational Association of Colleges and Employersからのデータを用いたりなどして、卒業生の給料というテーマを今まで何度も記事にしてきた。調査は一貫してコンピューターサイエンスとエンジニアリングが最もいい収入を得るための最も確実な道であることを伝え続けている。NACE’s 2013 surveyがエンジニアリングの専攻を石油工学や化学工学やコンピューターエンジニアリングに分けて調査を発表している一方、Looksharpの調査はエンジニアリングを一まとめにして発表している。また、Looksharpによると、エンジニアリングの卒業生の初任給は平均&65,000で、最も稼ぎの良いコンピューターサイエンス学部の$66,800のすぐ後ろであるという。

Looksharpは全部で22の専攻を対象に取り扱っている。また彼らはpsychology and counselingとarchitecture and planningとhealth careという専攻も取り上げている。このLooksharpのカテゴリー分けは大ざっぱなもので、全ての大学と全ての専攻を反映しているわけではない。例えば、UCLAの人気の学部であるコミュニケーションズはこのリストには載っていない。そしてUCLAの学部にはHeath Careは存在しない。UCLAでArchitectureを専攻することはできるが、Architecture and Planningは専攻できない。

Parcells氏は、Looksharpは1000種類の専攻のデータベースを持っているが、シンプルでわかりやすくするために、アンケートでは35の専攻の学生たちに質問をし、それを大まかに22種類に分けたと言う。言い換えれば、NACE tableのように全ての大学の全ての専攻を含んでいるわけではないが、十分な給料を供給している職場で働くにはどの分野を勉強すればいいかということを感覚として知ることができる。

エンジニアリングの次は$60,300のmathematics and statistics、その次には$58,600の経済学、次に$58,000のファイナンスという順番になっている。

Parcells氏はこのリストはあくまでアメリカ全体の平均の初任給を反映していることを強調した。サンフランシスコのベイエリアでコンピューターサイエンス専攻の大学院の卒業生を雇っている企業は平均で$85,000というアメリカの平均を訳$20,000超える勢いであり、その内でトップクラスの卒業生は$100,000を遥かに上回る給料を期待できるという。

しかし、もちろんそのエリアの家賃はアメリカでは最も高い。

芸術が$41,500の18位、歴史と英語がそれぞれ$40,300と$39,600で20位と21位ということは少し意外なことではなかろうか。大抵芸術はそのようなリストでは最下位に位置しているものである。今回は最下位は$34,700のSocial Servicesであった。

将来、地に足のついた暮らしをしたいという人は、こうしたデータを参考にするのも良いかもしれない。

 

http://www.forbes.com/sites/susanadams/2015/07/02/the-college-majors-with-the-highest-starting-salaries/?utm_campaign=fbboost&utm_source=facebook.com&utm_medium=social

hackletterでは競合/親和性ある会社を分析しレポートするSVREPを提供しております。年間10000社を超える海外企業を分析し、そのビッグデータから得た企業情報を毎月クライアント様にカスタマイズしてお送りしています。無料サンプルレポートのお問い合わせ、海外サービス調査のご相談はこちらよりお気軽にお問い合わせください。

 


About Author

YoshioHikaru

今年3月からサンノゼ州立大学に1年留学する大学3年生。世界中の人々が自分の願いを見つけ、その願いを存分に生きることができる世界をつくることを念頭に、通訳士を志望する。趣味は音楽でミスチル信者。

Comments are closed.