スタンフォードのd.schoolで私が学んだこと② | Hack Letter/シリコンバレー情報

スタンフォードのd.schoolで私が学んだこと②

443 views

前回のスタンフォードのd.schoolで私が学んだことに続き、第2弾

今回は“マシュマロチャレンジ”というものを行いました。

Screen Shot 2015-03-16 at 3.46.47 PM

 

 

ルールは簡単。

20本のパスタ、テープ、紐、マシュマロを使って、できるだけ高い塔を建てるゲーム。ただ難点なのが、マシュマロをその塔のてっぺんに乗せないといけないこと。マシュマロは意外に重いので、いかに丈夫に倒れないようにパスタを組めるかが鍵になります。4−5人のグループを組んで、18分という決められた時間の中でグループごとに競い合いました。

 

Screen Shot 2015-03-16 at 3.46.58 PM

完成図の例

 

これが意外に難しい。

どういう風に塔を組み立てるか、どういう基盤を作れば一番頑丈か、紐はどう使うべきか、など話し合っていたら、18分なんてあっという間にすぎてしまいます。

 

<結果>

Screen Shot 2015-03-16 at 3.47.10 PM

 

このグラフはd schoolの学生たちによるマシュマロチャレンジの業種別のリサーチ結果。平均が20インチで、CEOグループと法律専攻グループは比較的平均に近い結果を残しています。ダントツの一位はもちろん建築専攻のグループ。しかし一番驚くべきことは、ハーバードなどのビジネス専攻の学生よりも、幼稚園児の方がはるかに成績がよいこと。なぜでしょうか?

 

Screen Shot 2015-03-16 at 3.47.22 PM

 

 

 

この図は、18分の間に、ビジネス専攻の学生と幼稚園児がチャレンジの最中に、何回実際にマシュマロを塔のてっぺんに乗せたかを表す図。

ビジネス専攻の学生は、ほとんどの時間をいかに丈夫で完璧な塔を組むかによる戦略会議、つまり計画に費やし、最後の最後にマシュマロを乗せてみると、思うようにいかず塔が倒れタイムアップ、結果0インチというケースが多かったようです。それに対して幼稚園児は、かなり最初の段階から何も考えずとりあえず塔を組み立て、マシュマロを実際に乗せていることがわかります。もちろん最初から成功はしないので、試行錯誤を繰り返し改良を重ねていきます。その結果、終了時間がくるころにはほとんどのチームがある程度の塔を立てることに成功しているのです。

 

つまり大事なことは、手を動かしながら考える、ということです。綿密な計画も時には必要ですが、ほとんどのことは実際にやってみなければわかりません。思い立ったらすぐに手を動かして作ってみる。そうすることにより、見えていなかった問題がわかり、成功までの筋道がより明確になります。この“Just do it”の精神はd.schoolが最も大切にしていることの一つだといえるでしょう。

 

Screen Shot 2015-03-16 at 3.47.33 PM

 

hackletterでは競合/親和性ある会社を分析しレポートするSVREPを提供しております。年間10000社を超える海外企業を分析し、そのビッグデータから得た企業情報を毎月クライアント様にカスタマイズしてお送りしています。無料サンプルレポートのお問い合わせ、海外サービス調査のご相談はこちらよりお気軽にお問い合わせください。

 


About Author

hackletter staff

Comments are closed.