Tesla、Appleからの引き抜きを強化 | Hack Letter/シリコンバレー情報

Tesla、Appleからの引き抜きを強化

443 views

Teslaの人事部にとって、どうやらAppleは人材の宝庫のようだ。

Bloombergのリポートによると、Teslaは自動車メーカーを含むどの企業よりも、Appleから一番多く採用しており、その数は少なくとも150人以上にのぼるという。雇用の対象はエンジニアやデザイン、セールスまで多岐に渡る。ただ、車がよりハイテク化していく中で、自動車会社のフォーカスはデトロイトよりもシリコンバレーにシフトしてきており、このような動きをとるのはテスラだけではないようだ。

イーロンマスクによると、このような人材の動きは一方的ではないという。現にAppleは、25万ドルのボーナスと給与の60%増をTeslaの社員に提示している。”AppleはTeslaからの採用にとても力を入れているが、今までのところほんの数人しか採用できてない” とイーロンマスクは述べる。

各企業の競争が激しいシリコンバレーでは、優秀な人材の取り合いは一種の戦争のようだ。採用活動から企業の次なる一手が見えてくるのも面白く、今後もこのような動きからは目が離せない。

 

翻訳元記事

http://www.entrepreneur.com/article/242700

hackletterでは競合/親和性ある会社を分析しレポートするSVREPを提供しております。年間10000社を超える海外企業を分析し、そのビッグデータから得た企業情報を毎月クライアント様にカスタマイズしてお送りしています。無料サンプルレポートのお問い合わせ、海外サービス調査のご相談はこちらよりお気軽にお問い合わせください。

 


About Author

Yunosuke Katayama

HackLetter編集長/青山学院在学時に、スタートアップにインターンとして参画。新規事業を立ち上げ、企画から営業まで幅広くこなす。その経験から、シリコンバレーで働くことに憧れを抱き、2014年3月に大学を中退。2014年秋にアメリカの大学に進学し、現在に至る。

Comments are closed.